FAX
052-263-2326
(本社)

TEL

052-261-4636

(本社代表)

★中医協 診療報酬改定(案)を発表

January 19, 2018

H30年の診療報酬改定の議事次第で点数表(案)が2月7日に中医協から発表されました。

(下記は「案」で確定情報ではないですが、可能性が高い発表との主旨でご参考ください)

 

★歯科外来診療における院内感染防止対策の推進 (滅菌器、タービン・コントラが注目)

院内感染防止対策の新設基準届出をしている医院 

・初診料234点⇒237点(+3点) 再診料45点⇒48点(+3点)

同届出を行っていない医療機関            

・初診料234点⇒226点(▲8点) 再診料45点⇒41点(▲4点)

 

⇒新施設基準の届出有無で、『初診料に差額が11点、再診料で差額が7点』と大きな影響あり。

 

★ライフステージに応じた口腔管理の推進

(小児口腔機能管理と、フレイル防止のための基準)  

(グルコセンサーGS-Ⅱ?、JMS舌圧測定器など?が注目)

歯科疾患管理料 小児口腔機能管理加算100点 

歯科疾患管理料  口腔機能管理加算100点

 

★咀嚼能力検査 (グルコセンサーGS-Ⅱ?)

1回につき140点

 

⇨健康長寿に重要なオーラルフレイル予防。咀嚼能力検査単体で点数が取れるようになったほか、今まで100点だったものが140点に!定期的な口腔機能管理と共に行えると面白そうです。

 

★レーザー(基準に合致するレーザーは??だが各種レーザーが注目!!!)

・口腔粘膜処置(口内炎など?)    30点(月1回)

・口腔粘膜血管腫凝固術(頬腫瘍摘出術の際?止血?)  2,000点

 

他にも、施設基準に合致した医院が、レーザーで各種手術した場合に、多くの加算あり。

(下記区分番号J…が各種手術料を指し、多くの外科手術でレーザーを用いるケースが算定対象の模様)

レーザー機器加算1  50点  J008-1、J009-1/2、J017-1、J019-1、J027、J030-1ほか

レーザー機器加算2 100点   J008-2、J009-3、J017-2

レーザー機器加算3 200点   J015、J019-2、J020、J030-2、J033-2、J034、J052、J054

 

⇨日頃の症例で多そうな口腔粘膜処置に加え、様々な外科手術措置で50点、100点、200点と加算

 

詳細は中医協の元資料79ページから18ページを抜粋し、マークしたものをリンク先に張っておりますのでご参考ください。

 

2月7日発表の点数表(案)の抜粋マークアップ資料はコチラ

 

<<<1月26日中医協 診療報酬改定案>>> (以下は1月26日の発表情報)

 

中医協が診療報酬改定(案)を発表しました。

まだ案段階ですが、下記のような超注目ポイントが満載です。

全P492と膨大ですが、その中で歯科にインパクトがありそうなP19をピックアップし、マークアップしております。あくまでも、「案」で確定情報ではなく、近日発表されるであろう確定情報を待つ必要がございますが、診療報酬改定の「方向性」を知る貴重な情報です。

 

<主な論点はコチラです>

・歯科外来診療における院内感染防止対策の推進 ★P330

(滅菌器、タービン・コントラが注目)

・ライフステージに応じた口腔管理の推進  ★P338

(小児口腔機能管理と、フレイル防止のための基準)  

・咀嚼能力検査  ★ P352

・レーザー ★ P358 

・口腔機能回復等に関する技術 ★  P362 

(脱金属の加速) (インレーやブリッジまで脱金属が加速)

 

診療報酬改定「案」抜粋19ページはコチラ

 

「確定情報ではない」が「方向性がわかる」という「案」という趣旨で情報をご活用ください。

 

人々の健康と笑顔に寄与することを目指して! 株式会社シラネ

Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

お知らせ
アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload