FAX
052-263-2326
(本社)

TEL

052-261-4636

(本社代表)

エクセラMF 注目製品


・日本デンタルショー東京で参考出品だった『エクセラMF』。ファインキューブと同様の管球焦点距離0.2mmでシャープな画像を実現した上に、最大FOVは156×79と大幅に大きくなり、位置づけもオシリス3Dと同様に行いやすい『エクセラ×ファインキューブ×オシリス』の「イイところどり」で超注目な大型新製品ですが、なんと…定価はエクセラスーマートF+3Dから据置きの995万円!!とコスト対パフォーマンスの非常に優れた製品が新登場致しました(ちなみにF+3Dは定価925万円に値下がりしました!)。下記、大きな特徴を紹介させて頂きます。

特徴1 管球焦点0.2mmで画像がシャープ!

管球焦点は左記図のように小さいほど、ぼやけが少なくシャープな画像を得られるといわれております。本製品はファインキューブと同様の管球焦点距離0.2mmでよりシャープな画像を実現しました。画像のシャープさを是非ご覧になってみてください。

特徴2 最大FOVがφ8×6⇒φ16×8に拡大

歯列全体(7番まで)を撮影するにはφ8×6で入るため多くの一般的歯科治療はφ8×6までで対応できますが、φ16×8まで拡大することで顎関節まで含めた撮影が可能となります。φ8×6まででリーズナブルなエクセラNFと、余裕のFOVφ16×8までカバーするエクセラMFが同時発売となりました。

特徴3 オート切替の3D・2D 2センサー方式

3Dは3D、2Dは2Dと独立した専門のセンサーを使用しております。2Dはエクセラスマートでも採用のDirect CMOSセンサーでシャープな画像を実現するうえ、オート切替のため手間もいりません。

他にも、ファインキューブのように使いやすい3Dビューアや、3D・2Dをすべてヨシダ内製ソフトで一元管理することによる使いやすさ、オシリスと同様の位置づけのしやすさなど、エクセラ×ファインキューブ×オシリス』の「イイところどり」で機能が大幅UPしたのにお値段は据え置きの995万円!!というコスト対パフォーマンスに優れた製品を是非ご覧ください。